当サイトは面接攻略専門サイトです。就職活動における面接の裏技を公開!就活の出来は面接で決まる!?
面接の裏技 その1
一貫性を持たせる

面接の際、面接官はエントリーシートやSPI、適性検査の結果、今までに行ったグループディスカッションや面接の評価などを見ながら就職活動生の面接を行います。そして、面接官はエントリーシートや適性検査の結果と、就職活動生の印象を比べながら面接を行います。ですので、エントリーシートや適性検査の結果と面接での印象が違ってしまうと面接で不利になってしまいます。

例えば…

ある就職活動生が、適性検査では「積極的で社交的」と判断され、
エントリーシートでは「人とすぐに仲良くなれる」とアピールしていたとします。
そして、いざ面接に臨んだ際、その就職活動生が面接で面接官とうまく会話できずに「社交性」をアピールできなかったとします。
おそらくこの就職活動生は次のステップには進めないでしょう。

このように、エントリーシートに書かれていることや適性検査の結果と、面接での印象が違ってしまったとしたら…

その面接を突破できる可能性は少なくなってしまいます。

面接を受ける前に、エントリーシートに書いたこと、適性検査の結果を見直しておきましょう!

適性検査や性格診断の結果を見たことのない方は、適性検査を受けておきましょう。

日経就職ナビ2011  ←  適性検査を受けて面接対策を!
(↑クリック後、右上「就職準備」、中段「自分を知る」下「自己価値発見診断」をクリック)

※ 多くの場合、面接官は LINKS1CUBIC などの適性検査・性格診断の結果とあなたの書いたエントリーシートを見ながら面接をします。エントリーシートに書いたことを忘れた状態で面接を受けると不利であるのと同様に、適性検査でどんな風に評価されているかを知らずに面接を受けると非常に不利です。


一貫性が重要なのは就活だけではない?

あなたはテレビを売る営業マンだとします。
広告やCM、パンフレットでは「このテレビは映像がキレイ」と売り込んでいたとします。
そんな中、あなたが「このテレビは安いんですよー」と売り込んだとしたら、
お客さんは「あれ?映像がキレイなんじゃないの?」と思います。
そして、実際に値段を見ると他の商品よりも必ずしも安くはありません。
結果、お客さんはテレビを買ってくれないでしょう。

このように、売り込みの際は「一貫性」が重要です!
就職活動で自分自身を売り込む際も、「一貫性」を意識しましょう。

*********************************************
【就活人気ランキングを見る】  ←  ランキング順位急上昇中!?
面接の裏技 その2
業界・会社を分析する

面接官は、その会社を代表する人間です。
当然、その会社のこと、その業界のことを誰よりも詳しく知っています。
そのような面接官に対し、あなたは「志望理由」を言わなければなりません。

その業界、その会社を誰よりも詳しく知っていて、しかもおそらく愛社精神に溢れている人間に対し、

「私は○○○という理由でこの業界を志望し、○○○という理由で御社を志望しています。」

と5分〜10分ほどかけて説明するのです。

もしその業界、その会社のことについて、軽率で適当なことを言ってしまったら、あなたの評価は一気に落ちます。

そうならないためにも、業界分析、会社分析は徹底してやっておきましょう。

日経就職ナビ2011  ←  業界分析・会社分析に使えます
(↑クリック後、右上「就職準備」、中段「業界・企業を知る」の下のリンクを参照)

就職偏差値チェッカー搭載|就活居合斬り!  ←  業界の裏情報有り
(↑クリック後、中段「業界別・傾向と対策」等を参照)


管理人の失敗経験

就職活動でとある製薬会社の面接を受けた際、「製薬業界」を志望する理由を「人々の役に立ちたいから」といかにも誰でも思いつきそうな感じで言ってしまい、面接官から「何で人の役に立ちたいの?そもそも他の業界だって人の役に立ってると思うよ?」と言われ、絶句。

「こじ付けの志望理由」を言う場合も多いと思いますが、そんなとき程、しっかりと業界、会社を分析し、突っ込んだ質問をされたときにちゃんと答えられるようにしておきましょう!

*********************************************
【就活人気ランキングを見る】  ←  ランキング順位急上昇中!?
面接の裏技 その3
態度を示す

面接はエントリーシートや適性検査と違い、面接官と同じ空間で会話をすることができます。

面接官は就職活動生の言葉を聞いているだけではなく、就職活動生の服装や態度、雰囲気も見ています。

例えば…

「私は誠実です。」とアピールしている子が、面接官の目を一切見ることができなかったとします。
面接官は「この子本当に誠実なのかなあ?」と思うでしょう。

このように、アピールしている内容とマッチするような行動、態度を示せないと、おそらく次のステップに進むことは難しくなってしまいます。

自己PRにマッチした態度を示せるようにしましょう!


自己PRがうまく言葉にならない人へ

「自己PRがうまく言葉にならない!」そんな悩みを持っている就職活動生も多いのではないかと思いますが、そんな方は毎日就職ナビの自己PR作成術を活用しましょう。
穴埋め形式で簡単に自己PRが作成できてしまう優れものです。

毎日就職ナビ  ←  穴埋めだけで自己PRが作れます!
(↑クリック後、右上「内定支援」、左下「エントリーシート作成ツール」をクリック)

*********************************************
【就活人気ランキングを見る】  ←  ランキング順位急上昇中!?
面接の裏技 その4
情報交換

集団面接を受けたことがありますか?
複数の就職活動生に対し、数人の面接官が面接をする、というもので、就職活動生を簡単に比較できるため、この形式の面接をする企業も数多くあります。

集団面接をしていると、隣の席の就職活動生がすごい経歴の持ち主だったりと、凹むことも多々ありますが、実は集団面接はすごく重要なチャンスです。

集団面接を終えると、大抵、みな興奮していてフレンドリーです。
そんな状況を是非とも有効活用し、積極的に情報交換をしましょう。


外資系証券ですとかコンサルなどの特殊な業界になればなるほど、情報が少なく、苦労するものです。日系企業でも、商社や銀行も特殊な採用形態をとっていたりします。某財閥系商社はOB訪問・OG訪問をしていない学生は採用しない、など、様々な「知っておくべき情報」があります。そういった情報はこのような機会を逃したらなかなか知ることができません。

「知らなかった…。」

とならないよう、集団面接の後は自分から音頭をとってでも、情報交換のために喫茶店に寄るなどすることをおすすめします。

その際、名刺を持っているとメアドの交換などがスムーズに出来るので、ジョブウェブ等を使って名刺を作っておくことをおすすめします。

ジョブウェブ  ←  無料で名刺が作れます!
(↑クリック後、中段左「お申込みはこちら」をクリック)


集団面接は出会いの場?

面接を終えた後はみんな興奮していて、やけにフレンドリーです。
「一緒に面接をやった。」という連帯感もあり、とても仲良くなりやすい雰囲気になります。
私もそのときにできた友達といまだに連絡を取り合ってますし、私の友人で面接後のあの独特の雰囲気をうまく使って彼女を作ることに成功した者もいます。就職活動は辛いものですが、こんな楽しみ方もあるようです…。

*********************************************
【就活人気ランキングを見る】  ←  ランキング順位急上昇中!?
面接の裏技 その5
アピールすることがない

面接でアピールすることがない、そんな方に朗報!面接でアピールするのは今までのあなたの経歴だけではありません。これから残りの学生生活でどんなことをするかも当然ながらアピールしていいのです。ですから、あまり学生生活でアクティブに活動していなかった方は、「これからこんなことをやります!」と面接でアピールするようにしましょう。

「残りの学生生活は学生時代しかできないので長期間海外に旅行に行ったり……。」
「残りの学生生活は御社に入社したらすぐ活躍できるよう勉学に励み……。」


上の2つの台詞でどちらが優秀な人物に思えますか?
答えはほぼ全会一致で後者でしょう。

当サイトのオススメは
「残りの学生生活は御社ですぐに活躍できるように勉学に励みます。」
とアピールすることです。

何を勉強するかは社会人の自己啓発の定番であるヒューマンアカデミーなどを見て決めましょう。もしかしたら面接官からいろいろ突っ込まれるかもしれませんので、資料請求してその資格がどんなものなのかくらいは知っておくべきでしょう。

ヒューマンアカデミー  ←  社会人の自己啓発の定番。資料請求は無料です。
(↑クリック後、上段右「資料請求」クリック)
面接の裏技 台詞集
面接で使える決め台詞を紹介します。

・「給料の30倍は働きますのでよろしくお願いします!」
 相手の目を見ながら言うのがポイント。

・「馬車馬のように働きますのでよろしくお願いします!」
 相手の目を見ながら言うのがポイント。

・「御社に内定した際にはスーツを脱ぐ(就活を終える)つもりです。よろしくお願いします!」
 最終面接で使いましょう。

・「○○○なら御社を志望する就職活動生の誰にも負けるつもりはありません。」
 自己PRの際に使いましょう。


次は、面接で使える切り替えし台詞です。

・「とんでもないです。」
 褒められたり、面接官に謙遜された際に使います。

・「おっしゃる通りです。」
 圧迫されたり、自分の主張に反論された際にとりあえず使いましょう。

・「す、すごいですね!そういう話が聞きたかったんです!」
 面接官に仕事の話をされたものの、それが何のことなのか分からなかったときに。

*********************************************
【就活人気ランキングを見る】  ←  ランキング順位急上昇中!?


 | HOME | 




Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET ----- Powered by DTIブログ -----